講師紹介 Lecturer

吉田 守

吉田 守
石坂浩二のミュージカル劇団「IME」第一期生として学び、後に東京バレエ劇場にてバレエを始める。
1982年 河野 潤にモダンダンスを師事。
「カルミナ・ブラーナ」「春の祭典」等に出演。
1985年 東京シティ・バレエ団 入団。
以後、同団の東京公演、全国親子劇場、文化庁公演に参加。
出演した主な作品に、「ジゼル」のウィルフリード、「白鳥の湖」チャルダッシュのソリスト、「くるみ割り人形」のアルルカン、中国、「コッペリア」の戦い、「シンデレラ」「真夏の夜の夢」「カルメン」他、創作などにも多数出演。
また、藤原歌劇団の「夢遊病の女」「ファウスト」「運命の力」他
新国立劇場の「アイーダ」「リゴレット」等のオペラにも客演。
1997年 習志野シティ・バレエ研究所教師。
2003年 東京バレエ劇場附属蓮田バレエ研究所専属教師となる。
2006年 蓮田バレエスタジオに改名し独立、主宰
2017年 彩の国バレエシアターを腰塚なつ子先生と共に運営し、第1回公演「白鳥の湖」全幕を上演する。
現在、東京シティ・バレエ団 特別団員。

加藤 浩子

加藤 浩子
神奈川県出身、岡本衣里子のもとでバレエを始める。
1988年 東京シティ・バレエ団研究所入所、同バレエ団公演に参加。
1989年 東京シティ・バレエ団入団。
以後「白鳥の湖」三羽の白鳥、「ジゼル」パドシス、「シンデレラ」義妹役、「くるみ割り人形」雪のソリスト、スペイン、トレパック等、数多くの作品にソリストとして出演。
他に新国立劇場、藤原歌劇団、サイトウキネンオーケストラ、小沢征爾音楽塾等のオペラ、また、上田遙、深沢和子、ウメダヒサコ、真島恵理、廣田あつ子、各氏の振付作品に出演。
2006年 文化庁海外研修員として、モナコのプリンセス・グレース・クラシック・ダンス・アカデミーにて研修。マリカ・ベゾブラゾヴァ女史、ローラン・フォーゲル氏に師事。
同年、夫の吉田守と共に蓮田バレエスタジオを設立。
2016年より洗足音楽大学バレエコースにて講師を務める。
その後、東京シティ・バレエ団公演にて指導として参加、現在は同バレエ団団員、及びバレエ学校の教師を務め、後進の指導にあたりながら公演活動を続けている。

アシスタント

石井 美帆

石井 美帆